顧問医師からのメッセージMessage

顧問医師からのメッセージ

新着情報

Facebook

医学のエキスパートだから伝えられる、
「医師になるということ」

受験を控えた多感な時期にこそ、医師としての目指すべき姿を考える

医師・経営学修士(MD・MBA)

内藤 祥(ないとう しょう)

略歴

1978年に神奈川県で生まれる
北里大学 医学部医学科 修了
慶應義塾大学大学院 経営管理研究科 修了
2005年から7年間、沖縄での救急医療・僻地医療を経験。現在は都内と千葉県内で「東京ビジネスクリニック」の開業を目指す傍ら、裵医師とともに「(社)ネット依存から子どもを守る会」の立ち上げに参画。

私は医師になって10年を迎えます。患者さんの命を預かるという重責は大きいですが、その責任の重さこそが、医師という仕事のやりがい。命と真摯に向き合う中で得られる信頼関係は、他の職業では味わえない喜びです。

 

しかしその一方、医師が自らの利益や名声のために患者さんを裏切り、人々を不安に陥れるような残念な事件も少なからず起こっています。

 

また、受験を突破して晴れて医学部に入学したものの、行き先を見失って退学したり、医師になった後に厳しい勤務環境や重責に耐えられなくなってしまったりすることも珍しくありません。その人格や志に、医師としての適性があるのかどうかが、厳しく問われるようになってきているのです。

 

私たちはこのような問題を徹底的に掘り下げ、今までにない新しい形の「入学前教育」を作り上げようと決意しました。医師になるための専門教育が大学医学部の役割であるならば、医学部受験塾としての役割は、学力指導はもちろん、医師にふさわしい志や適性を身につけてもらうことでもあると考えたのです。

そのため城南医志塾では、医師のありかたについて考える機会を多く設けています。医療現場を体験するイベントや研修医との交流会、先輩である医学部トレーナーとの相談会などです。

 

当校の理念である「心」「知」「体」の3つがそろった学生は、これまでのように受験用の知識だけを詰め込んできた他の受験生とは全く質が異なるはずです。

医学部入学後のスタート地点が他の学生よりはるかに高い位置となるため、大学6年間とその後の医師人生においての実りある学びは、ケタ違いになると確信しています。

 

医師の最大の使命は、「患者様を救うこと」の他に「後進の良き医師を育てること」だと言われています。

私たちはその使命に向かって、新しい一歩を踏み出します。

一覧ページに戻る