城南医志塾からのお知らせNotice

顧問医師からのメッセージ

新着情報

Facebook

医志教育が行われました(5月20日実施)

5月20日(土)の医志教育では、顧問医師の裵(ハイ)先生による講演を行いました。

「医師としての判断とその責任」をテーマに、スライドで映像を見ながら、医学部に求められる適性を説明したり、難問を考えたりもしました。

 

以下は今回扱った問題の一例です。

「あなたは医師です。子どもの患者で肝臓を移植しないと助かりません。母親は自分の肝臓を使ってほしいと、言っています。母親から肝臓を摘出すると母親は死にます。どうしますか?」

上記のような問題にも、生徒達は真剣に聞き入れ、考えて前向きに取り組んでいました。